まつげを伸ばす方法を知りたい?

栄養素でまつげを伸ばす!

多くの女性は毎日アイメイクをしていますが、実は知らないうちに自分のまつげを酷使しています。
また、毎月エクステをつけている人は非常に大きな負担をかけています。
そのため、何もケアしていないとまつげがあまり伸びなくなったり細くて弱々しい毛質になってしまいます。
こうなるとどれだけメイクをしても元のまつげごスカスカなので素敵な目元にはなれません。

そのため、まつげを毎日酷使している人はきちんとまつげに栄養素を与えて伸ばす必要があります。
常にケアを習慣化しておくことで、ダメージにも耐えられる様になるのです。
たとえばまつげ育毛剤は毛を育ててくれる効果があるので非常におすすめのアイテムです。
同じ様に見える美容液はいわゆるトリートメント効果しかないのでダメージをカバーしきれず、あまりおすすめではありません。

また、まつげも身体の毛の一部のため自分自身の生活習慣を見直すことも重要です。
やはり食生活の中できちんと栄養素を摂取することや運動、休養をしっかりとることもポイントです。
これらを意識しておくことでまつげがボロボロになることをあらかじめ予防することが出来ます。
さらに、甲状腺の異常も防ぐことが出来るので生活習慣の改善は全てが良い方向に向かうきっかけとなります。

まつげ育毛剤を継続的に使い続けることで、まつげがしっかりしてくると同時にそのものを増やすことも可能です。
毛の密度が高くなることで黒目がちな印象になり、より可愛らしい目元になることが出来ます。
エクステをする人にとってはつけられる本数も増えますし、そもそもエクステ要らずの目元になれるかもしれません。
毎日メイクなどをする人にとっては今はケアしていなくても何とかなっているかもしれませんが、将来的に伸ばす努力をしておかないとその目元をキープするのは難しいです。
歳を重ねてから貧相な目元になっている人も少なくないので、今のうちから習慣を見直すことが大切です。

生活習慣もやはり関係する

まつげを育てるためには生活習慣を見直すことによって育てることが可能です。
1日のうち睡眠中が一番まつげが育ちます。
休養時間として午後10時から午前2時までが一番効果的です。
休養時間に意識的に寝ることによって成長ホルモンがたくさん分泌されて、健康的なまつげを作ることができます。
10時は無理でも、遅くても12時までに眠るようにします。

まつげを増やすためには身体の内側からケアすることも大切です。
加齢や血流が悪くなると毛が細くなります。
血液が酸素や栄養素を毛母細胞に運びますが、滞ってしまうと栄養素が十分行き渡らなくなり毛の張りが減少します。
血流を良くするためには適度な運動をし、お風呂はシャワーではなく湯船に入って身体をしっかり温めます。

まつげを伸ばすために必要な栄養素は髪の毛とケラチンです。
ケラチンはタンパク質を摂取すると体内でアミノ酸に分解されて作られます。
タンパク質は動物性と植物性がありますが両方ともバランスよく摂取するようにします。
毛を伸ばすことも大切ですが、土台となる皮膚も大切です。
ビオチンという栄養素ですが美容効果が高い栄養素です。
ビオチンが不足していると脱毛や皮膚炎の原因となってしまいます。
まつげを伸ばすためには必要な栄養素です。

ミネラル成分のひとつである亜鉛は人間の体内のさまざまな細胞に存在しています。
タンパク質の合成を助けたり代謝を促して皮膚や毛の生え代わりを促進してくれて、まつげだけでなく身体にとっても大切な働きをしてくれます。
亜鉛を補うと抜け毛予防や成長の促進効果などを期待することができます。
ヨウ素も新陳代謝を促して育毛効果があります。

まつげを伸ばす効果がある栄養素はいろいろありますが毎日摂取することは難しいためサプリメントを上手に活用する方法もおすすめです。
また、まつげ不足の原因は病気が関係しているときがあります。
アトピーなどの皮膚疾患や甲状腺異常などの内分泌疾患の場合には病気の治療が優先されます。