まつげを伸ばす方法を知りたい?

マツエクをやめてまつげを守る!

ボリュームのあるまつ毛を手に入れる方法として、普段からつけまつげを利用してアイメイクをしている女性は少なくありません。
特に最近では長期間ボリュームと長さがでるマツエクの施術を美容サロンで受ける女性が増えています。
つけまつげのように使用後に取り外す必要がなく、すっぴんの時にもボリュームがあり適度な自然さがある美しい見た目に仕上げることができます。

マツエクを利用すると、まつ毛をビューラーで挟んだ時にかかるダメージなど物理的な負担が解消されます。
まつ毛自体が痛む心配がなくなるメリットがありますが、マツエクを利用すると気になる点もでてきます。
まぶたの皮膚の炎症が起こりやすくなったりマツエクの重さが原因で自まつ毛が抜けやすくなったり、抜けてしまったりとトラブルが起こりやすくなります。

マツエクの接着には、専用のグルーを利用しているので取り外しを行う場合はマツエクの施術を受けたサロンにいけば短時間で取り外しを受けることができます。
しかしサロンに行くのが面倒に感じる場合や、取り外しにお金をかけたくないと思っている方は、無理にマツエクを取り外そうとして無理に引っ張ったり、オイル等を利用してリムーブを行おうとする方もいます。
これは自まつげに大きなダメージを与える原因となるので、まつ毛を保護するためにもきちんとサロンでケアを受けることが重要になります。

自分でマツエクを取り外せた場合もまぶたにはグルーが付着しています。
そのため、完全なリムーブをしないままにマツエクのリペアを繰り返していると、自まつげやまぶたを休ませる期間がとれなくなるため、どんどんまつげが弱る危険があります。
そのためボリュームがあり長い魅せるまつげを手に入れたいなら、マツエクに頼らずに自分の自まつげを育毛するお手入れを行う事が大切です。

睫毛美容液を利用して、自まつげの表面を保護したり不足している美容成分を補給することで、しなやかで長い健康なまつげを手に入れることができます。

つけまつげをやめてまつげを守る!

サロンでのマツエクやつけまつげで、ボリュームたっぷりのまつげを手に入れようとすると、自前のまつげを弱らせることになります。
接着剤はどうしても皮膚への刺激は避けられませんし、人工物としての重みなど物理的なまぶたへの負担もあります。
結果的に自分のまつげが痛む、ビューラーを使うと簡単に抜けてしまうなど、悪影響も多々あります。
短いまま長く伸びなかったり、抜けやすくなるなど、まばらで寂しい状態になることも少なくありません。
魅せる美しい目元を目指しているのに、自前まつげが全然ダメになるのは悲しいですね。

見た目だけのマツエクやつけまつげを止めて、地まつげを守り大切に育てることも目ヂカラUPには重要な方法です。
まずは、まつげや皮膚への負担になる要因は排除し休めましょう。
まぶたの皮膚は薄くて、目の周辺は非常に敏感なので、炎症を起こしたりカブレのように腫れたり、ブツブツ湿疹ができたりすることも多いのです。
トラブルがある場合は、とにかく負担になることはストップして、刺激を与えないように心がけてください。

まつげも髪の毛と同じように生え変わりのサイクルがあり、できるだけ太く・多く・長く・健康的に育てるために栄養は大切です。
まつげの毛周期サイクルは3週間~4ヶ月で、少しずつ生え変わっていきます。
本来ならしっかり長く成長した後で寿命となり抜け落ちるのですが、弱っていると長くならないうちに抜けてしまうこともあります。
毛根が弱っているとサイクルの休止期が長くなり、なかなか生えてこなかったりして、まばらでボリュームのない状態が続いたりします。
育毛のための栄養が毛母細胞まで届くことも大切ですし、美容成分などたっぷりの育毛効果の高い、まつげ育毛成分の入った美容液などもあります。
自然さ重視で、自前の美まつげを手に入れましょう。