まつげを伸ばす方法を知りたい?

まつげパーマをやめてまつげを守る!

毎日ビューラーでまつげの角度を上げて、目力をあげるのは数年前までは女性の常識でした。
しかし最近はそれも常識ではなくなり、まつげパーマやエクステを利用する人が増えてきています。
ビューラーを使うのは意外と手間であることや、さらなる時間短縮のためには便利なものです。

しかしまつげパーマやエクステは自まつ毛に対して思った以上のダメージを与えており、そのダメージが深刻化していることに気付いていない人も多いです。
どんどんまつげが切れたり伸びなくなったりしているのです。
特にまつげパーマは月に1回程度パーマを当てればビューラーなしでくるんと上がったまつげになるので便利ですし、そこまでダメージは無さそうですが実際はそうでもありません。

マスカラを重ねて塗ることで自まつ毛に物理的な負担がかかっていたり、繰り返しパーマを当て続けることによって痛みが蓄積されていきます。
パーマなので水に強いというメリットもありますが逆に言うと取ることは出来ないので、常に上がった状態となります。
痛むことは仕方がないのできちんとケアを行うようにしましょう。

もともとまつげパーマは目元をさらに綺麗に魅せるためのものなので、栄養を与えることが非常に重要です。
美容液などを習慣化することはもちろんですが、常に当て続けるとどうしてもダメージの蓄積は避けられないので半年に一度は休んだり、まつげを労ってあげるようにしましょう。
ビューラーの方がなんとなく痛みそうなイメージがありますが実際はパーマの方が断然痛みに繋がります。

まつげパーマは本当に手軽ですし価格もリーズナブルなのでチャレンジしやすいですが、私たちの予想以上に痛みに繋がっています。
出来るだけダメージを避けるために、お休みの日はメイクしないなどの工夫も必要です。
そのようにしないと、歳を重ねた時にまつげがスカスカになり、寂しい目元になってしまうでしょう。
自分に一番合った方法を見つけることが重要です。

マスカラをやめてまつげを守る!

髪の毛はしっかりとケアをしていても、まつげとなると手を抜いてしまっている女性も多いのではないでしょうか。
髪の毛にパーマをかけた後、ぱさつきや変色などのダメージが気になって毎日のシャンプーの後にトリートメントでお手入れをしているという人は多いでしょう。
しかし、まつげパーマをかけた後に、まつげに特別なトリートメントをしている人は少ないものです。

まつげにパーマをかければ、水に強いことからしばらくはビューラーで持ち上げてマスカラを塗る手間もなくなるのでとても便利なのですが、まつげも髪の毛と同じようにパーマによって傷みます。
つまり、まつげパーマをすればまつげにもお手入れが必要であり、まつげ専用のトリートメントは欠かせません。

そのため、パーマによるダメージを避けたいという人や、結局はトリートメントなどの手入れが面倒になってマスカラに戻ってしまう人もいます。
しかし、マスカラを塗るということも物理的にまつげに負担をかけていることにもなるので、傷む原因になります。

マスカラは、自分のまつげを活かして美しく魅せる方法でもあるのですが、自分のまつげがなくなってしまえば塗ることすらできず、逆に心が痛むことになってしまいます。
本数が減ったり長さが短くなってしまうと、さらにマスカラの量を増やして負担をかけてしまいますが、それは悪循環なのです。

まずはまつげを育てることから始める必要があります。
マスカラを使う習慣をしばらくやめてみて、守ることに集中してみるといいでしょう。
マスカラを塗った後にはしっかりと化粧を取ることもまつげの根元を衛生的に保つために効果的であり、さらにまつげやその根元にたっぷりと栄養を与えることも忘れてはいけません。

学校や会社に行くときに目元の化粧をしないのは恥ずかしいと感じているのなら、近所への買い物などちょっとしたお出かけの時に目元のメイクを抑えてみるだけでもよいでしょう。
また、自宅に帰ったらすぐに化粧を落とすなどの工夫でも、まつげを守ることができます。
今後のためにも、長い目で考えてみる必要があります。